な行

神戸市で鍵屋の修理隊

な行のインデックス

神戸市で鍵交換・解錠(開錠)を解決します!

な行の鍵用語インデックス


南京錠

南京錠とは、上部に掛け金の付いた錠前のことを言います。取扱が容易で力ずくによる犯罪にある程度防ぐ事ができるので日常生活においても多種多様な箇所で多く使われています。素材は、主に真鍮のものが主流ですが鋼鉄やアルミなどの製品もあります。真鍮は加工が容易なのですが、反面強度が弱いとされています。ツル部分をステンレスにして強化した製品も存在します。構造は、南京錠は、本体、掛け金、錠前機構から構成されています。掛け金は一般にU字形の金属で対象物に引っ掛けて使います。開いた状態では、掛け金の一方が本体と分離してスライドしたり回転したりする構造で中には、形が定まっていない掛け金の南京錠もあります。また、開錠すると掛け金と本体が完全に分離するタイプもあります。
南京錠は、主に安価で簡易な錠前として使われています。100円ショップなホームセンターで販売されている南京錠の大半は、専門的な開錠技能の訓練を受けた有資格者には、ピッキングやバンピング。また、製造元の販売する合鍵の入手などによって数分で開錠されてしまう可能もあります。

南京錠画像

 


鍵業務の総合サポート受付