両面シリンダー

神戸市で鍵屋の修理隊

カギ修理隊用語集

鍵屋の修理隊

両面シリンダーとは

一般的な鍵は外側に鍵穴。内側にサムターンと呼ばれるつまみがあります。外側から鍵を開けるためには、鍵を鍵穴に挿入して回すことにより開けることができます。両面シリンダーとは、外側・内側の鍵穴に鍵を挿入して開けるタイプの鍵穴のことです。内側からも鍵を開け閉めするには、鍵が必ず必要になります。このような使用だと面倒で不便なように思われがちですが使用される用途や設置場所によって必要になってくるところがあります。例えば一般家庭ではご年配のご家族の方が徘徊したり小さなお子様が勝手にドアを開けて外に出てしまうのを未然に防ぐために使用されるケースがあります。また、工場や会社事務所などの場合には、立ち入りを制限したい場所。屋上のドアなどで人の出入りを厳重に管理したい共用部の出入り口に用いられることもあります。毎回、鍵での施錠開錠が必要になるので実際に面倒ではありますがご使用される用途によって絶大な効力を発揮するシリンダーとされていますし幅広く設置されています。

両面シリンダーの画像







鍵業務の総合サポート受付